A社から借入している期間

すると、一週間後に返済のお金がないことになりますが問題ありません。
今度は一週間後にA社から10万円借入して、B社への返済に充てます。これを繰り返します。
これは永遠に返済しなくて良いというような話ではなく、大きなメリットがあります。
それは、A社から借入している期間以外は利息が掛からないということです。
普通に借り続けていればその日数分の利息が掛かりますが、これならば利息の掛かる日数が減らせます。
手間が掛かってでも返済額を減らしたい人ならば有効な手段です。

バンクイック増額時間【急な増額だとどのくらいかかるのか】

このブログ記事について

このページは、pjが2014年9月 9日 10:17に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「深刻、教育現場でのアレルギー問題」です。

次のブログ記事は「収入を証明する書類が必要なケースについて」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。