<キャッシングで担保を求められたら?>

キャッシングの申込みをするにあたり、何らかの担保を提供するよう求められた場合、その業者への申込みはやめておいた方が無難でしょう。

大手の消費者金融や銀行カードローンなど、安心して利用できるキャッシング会社の場合、利用者に担保を提供するように求めることはないからです。

万一、担保の提供を求められることがあったら、それは、闇金などの危険な業者である可能性があります。

危険な業者から借入れしてしまうと、大きなトラブルに発展し、解決が困難になる場合が多くあります。

トラブルを未然に避けるには、担保を求める業者とは契約しないようにすることです。

キャッシングで用意しなければならないものは、
 1.運転免許証(なければ、健康保険証)
 2.源泉徴収票(もしくは、給与明細書・賞与明細書)
の2点です。

2つ目の源泉徴収票や給与明細書・賞与明細書については、少額のキャッシングをする場合は必要ありません。

50万円を超える融資を希望する場合に必要になるケースがありますので、申込みを検討する業者のサイトで確認してみてください。

 

即日融資可能ローンを探し方はhttp://alphalambdadelta.org/までどうぞ!

このブログ記事について

このページは、pjが2014年7月25日 14:27に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「ショップジャパン」」です。

次のブログ記事は「役所からお金を借りる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。